長野県北安曇郡松川村の税理士西山秀一事務所
メールを送る
創業の手続きや創業後のバックアップなど、事務所がお手伝いいたします。
 創業に意欲を燃やしている方、今一歩踏み込めない方・・・
創業時の不安や悩みは、「手続きが難しいのではないか?」「お金の管理の仕方がわからない」など、多種多様で尽きないことでしょう。

このページでは、法人と個人事業者とにわけ、設立から納税、保険など諸要件の違いや特徴など、基礎知識を簡単にまとめました。

税理士西山秀一事務所では、創業支援をはじめ各種手続きや税務相談、経営計画など法人・個人事業者問わず幅広くバックアップしています。


  法人の場合 個人事業者の場合
社会的
信用度
信用度が高く企業イメージが良いため人材確保しやすく、融資も受けやすいでしょう。 法人でないと取引に応じてくれない企業もあります。
手続きと
費用
定款作成と登記に25万~40万円くらい必要。

役員改選など登記事項の変更の際に手続きや費用が必要。
現金管理
帳簿
申告
会社と個人の区別がしやすい。毎日帳簿をつけるのは個人と同じ。税務申告が複雑となり、専門知識が必要。 事業と個人のお金が混同しやすいので、毎日帳簿をつける習慣をつけましょう。
税金 利益の約40%を法人税・住民税として納めます。 赤字でも均等割分は納めなくてはいけません。(約7万円)

他にも消費税、固定資産税なども納めます。
事業の利益をもとに所得税が課せられます。


他にも消費税、固定資産税なども納めます。
消費税 資本金1,000万円未満の会社は、設立後2期間免税事業者。 創業開始年と翌年は免税事業者。
赤字の
場合
青色申告事業年度に生じた欠損金は7年間繰越控除出来る。 個人は3年間繰越出来る。
給与 役員報酬は損金となる。(ただし、同族会社の場合は注意が必要)

家族に支払う給料を損金にできる103万円以下なら扶養に入れる。
給与所得でなく事業所得となる。


届出により専従者給与を支払う事ができるが、扶養に入れない。
生命保険 法人契約の生命保険は要件を満たせば一定額が損金計上できる。 経費にはできない。生命保険料控除のみ。
社会保険 社会保険に強制加入。事業主も入れるが手続き、保険料負担が発生。

従業員のみ加入できる。
届出 公証役場で定款認証を受けます。

法務局で会社の設立登記をします。

税務署に…
 ・法人設立届出書
 ・青色申告承認申請書
 ・給与支払事務所等の開設届出書                     など

地方事務所に… 事業開始等の届出書 市町村役場に… 事業開始等の届出書
          -

          -

税務署に…
 ・個人の開業届出書
 ・青色申告承認申請書
 ・給与支払事務所等の開設届出書                      など
★金融機関から融資を受ける場合『創業計画書』の提示を求められる事があります。
★開業当初、赤字が見込まれる場合でも、事業計画をきちんと作成してあると融資を受けやすくなります。

★★当事務所では各種届出書、創業計画書作成のお手伝いをします。★★
ここがポイント


 
ページの始めに戻ります