長野県北安曇郡松川村の税理士西山秀一事務所
メールを送る
事務所のお客様にご利用の声を伺いました。
企業紹介 お客様の声 対談 ビジネスニュース

今回のお客様 株式会社 一柳 専務取締役 一柳 学 様 今回のお客様 株式会社 一柳 専務取締役 一柳 学様
会計以外でも相談にのってくれる身近な相談相手 今回のお客様 株式会社 一柳 専務取締役 一柳 学様
今回のお客様 株式会社 一柳 専務取締役 一柳 学様
関与歴: 2年目
業 種: 金型・部品製造業
今まで会計事務所にまかせっきりだったところを少しずつ手取り足取り教えてもらっているところです。
何が分かったかという訳ではないですが、お金をもらうまでが仕事だって事を今ヒシヒシと感じています。
 


仕事があってお金がまわっている時はいいんですけど、こういう状況になってきたら回収するまでが仕事。 手形もらえればそれはうちのもんだって思い込んでいたけど、西山さんに「そうじゃないよ」って。
「払ってもらえるまでは、それは仮のもんだから」 そんな事も知らないでやっていましたから。本来、商売は利益出さないといけないから、それを西山さんから教えてもらって徐々に変えているところです。

パソコンは全社業績で前期間と比べられたり今月はどうなのか先月はどうだったとか すぐにグラフや数字で見れるので、まだ本格的に活用していないですけど、いずれそういう風に して行きたいなと思って・・・あれは良いと思います。

たまたま西山さんと縁があって、同じ松川村で近いし妙な安心感もあった。会計以外の事でも色々相談に 乗ってくれたので、すがるしかないなっと(笑)。
人の面で相談した時には、ああ心強いなって思いました。 近いってメリットをすごく活かさせてもらっています。何か相談したい時には行って相談させてもらえる。会計事務所にはどんどん行けって言う方もいるんですけど、今までの会計事務所ってなんかちょっと 敷居が高いっていう感覚があって、難しい事をしてるっていうのが頭があった。
そうじゃなくて、もっと事務所に顔出して話聞いてもらったり、愚痴聞いてもらったり、身近な相談相手というか、 所長だけでなく社員さんの中にも人生経験豊富な方もいらっしゃいますからそういうとことろでも、もっとつながって 行きたいなって気持ちがありますよね。皆さんまじめにやっていただけるので。

あと勉強会もやっていただけるじゃないですか。会計に興味を持たせてもらうって事ではいいと思う。
自分でも会計の本読んでみようかなって気持ちになりますよね。会計って難しいもんじゃない。
税金の事はプロにまかせるとして、自分たちがやっている”結果”を見てもらっているのが 会計事務所の仕事って思っていましたけど、そうじゃなくてそれをふまえて”この先どうして行く?”って そう言うお手伝いをしてもらっているという事だから。 くだらないバカみたいな質問をしても答えてくれるし、遠慮せず聞きますけど。(笑)

次どうして行くか、これからどうするか、やりたい事はいっぱいあるんですけどまだまだこれからです。




今回のお客様 有限会社だいこく食品 代表取締役 上島信幸様 今回のお客様 有限会社だいこく食品 代表取締役 上島信幸様
一緒に歩んで来たって部分は強いよね 今回のお客様 有限会社だいこく食品 代表取締役 上島信幸様
今回のお客様 有限会社だいこく食品 代表取締役 上島信幸様
関与歴: 12年目
業 種: 弁当製造販売
13年前だよね 来たときはもう潰れると思った。
経営陣の人たちが もうお前しかいない、みたいなノリで言って来たからかなり悩んだけど、 やってみるか!って一大決心をしたね。
 

専務になって、一年間事務所の経理をずっとやってきたけど、ものすごい勉強した。
今の基本になる、例えば、数字の見方にしても、経営理念がこうじゃなきゃいけないかなって言うのを あの一年でうんと学んだような気がする。自分で帳簿を打ち込んだりとかしてて、これじゃあいけねぇだろう! っていうのが肌でわかった。

最初はいろいろ あったよ、すったもんだりして。ただ、何て言うのかな?その時の苦労した1年、2年て言うのが すごい今の礎になって、俺の中ではこうしなきゃいけないかな?っていうか、こうあるべきだよな!!っていうものが 所長の考えに沿ってた部分もあるよね。案外、所長も思ってる事が同じ。こうじゃなきゃいけないですよっていうものが。 例えば売上が落ちてるって言った時には当然売上を上げなきゃいけない、努力をしなきゃいけないんだけど、 じゃ、どういう風にして行ったらいいのかって言う部分とか、似てるところがあったよね。
印象はね、堅い。、当初は堅いなーみたいな。ちょっとこのくらいはいいじゃん!て言うのがダメだったね。 真面目って言うのかな。

事務所と一緒にやって来たこと多いよ。例えば、そのピアーtoピアとか、ネットワークとか苦労したけど、所長がこれやってみましょう よみたいなこと言って、じゃあやってみるかーみたいな。結構一緒に歩んで来たところっていうのは多いよね。
細かい部分とか言われながらやって来たりしてるけど、逆にこっち側の要望も、予算をこういう風に見たいとかって言うのを 分かってもらってるから、そういう所はやりやすいかな。一緒に歩んで来たって言う部分は強いんじゃない? 
だって、システム連動しますとか、販売管理でプリンターで伝票打つとかっていうのは、たぶんうちが初めて だったと思う。例えば予算も見てもそうだし、こういう風に変えてほしいとかって、なるべく俺の意向に沿って もらってるし、現状は俺の理想に近い経理の帳簿になってる。そういう部分では見やすいよね。

(パソコンが)1台しかないとその人しか見ないわけじゃん?取りあえず営業は営業で見られるようにして、自分達でどこが いけないのか、そこはね極端な事遊びでもいいんだよね。のぞいてもらって。担当者ごとに打ち込んでるから担当者の 売上も見られるじゃん?じゃあ、自分の売上はどのくらいなんだっていう、まずはそこからかな。
結局、こっちから誰々さんは売上はこのくらいで、とか言ってもあんまり身に沁みてないっていうか、社長が見て思ってる だけでこうしなきゃいけないなーって言って、それから社員に伝えるまでに時間差があるでしょ?例えば長い時は1か月も あったりとか翌月になっちゃったりとか。そういうのを無くしたい。今、現状はこうなんだっていう。日々変わっていくじゃんね?
そこの所は営業部長が毎日見ているから、こっちが何も言わなくてもわかっているよね。

ある人から言われたけど、会社には必ず3人必要だって。実際にやる現場の人と、営業の人、管理する人の3人。 なるほどなぁと。そこの人が育ってきてくれたのが大きい。”企業は人なり”って言うけどその通り。人で変わるよね。


ページの始めに戻ります  


今回のお客様 有限会社 子田商会 常務 子田香奈様   今回のお客様 有限会社子田商会 常務 子田香奈様
手作りのマニュアルやレターが助かりました。 今回のお客様 有限会社子田商会 常務 子田香奈様
今回のお客様 有限会社 子田商会 常務 子田香奈様
関与歴: 15年目
業 種: 古タイヤ処理回収業
大学卒業と同時にすぐ家業を継いだんですけど・・・(ちょうど3年目)。 私がやる前は日記帳方式で経理をやってくれる方がいたので 自分も領収書を日記帳に貼るだけでいいと思っていたんですよ(笑)
  今回のお客様 有限会社 子田商会 常務 子田香奈様

でも自分が(パソコンで会計を)やることになって えっ~やるの?って 私なりに簿記の本なんか買ったんですけどやらないんですよね。 
恥ずかしいんですけど、始めは簿記もそうですけどパソコンも使えなかった。あと仕事の基本的な事とかも知らなくて。 大学の授業で基礎科目であったんですけど、ワープロ検定受験も任意だったのでしっかり勉強してこなくて・・・。 パソコンを会計(仕事)で使うとは思わなかった・・・会計事務所から教えてもらいながら なんとかやっています。

初めは貸方・借方もどっちがどっちかわからなかったですよね。 どれが何の科目になるのかわからなくて、あと課税区分とか。
はじめに頂いたマニュアル(*1)を今でも愛用していて、ガソリン代は何の科目とか勘定科目が一覧になったの を今も見ています。 給料計算のやり方もマニュアルがあるのでそれを見ながらやっています。あれはわかりやすくていいです!
現金実査もめんどうとか思わないけど、合わないと「何で??」って。いろいろ調べて社長が原因だったりすると、 社長にきちんとやらないとだめだよって耳にたこが出来るくらい言うんです(笑) だから誤差も以前に比べると少なくなりました。

あと、いただくレター(ビジネスニュース)わかりやすいですよね。言葉について説明してくれてあったりして ああいいうのは助かります。

   *1.経理がまったく分からない方でも入力が出来るように、お客様にあわせた手作りマニュアルを事務所で作成しお渡ししています。

ページの始めに戻ります  


今回のお客様 有限会社リペアオート美麻 経理担当 北沢道子 今回のお客様 有限会社リペアオート美麻 経理担当 北沢道子様
月1回の訪問が安心感を与えてくれました。 今回のお客様 有限会社リペアオート美麻 経理担当 北沢道子様
今回のお客様 有限会社リペアオート美麻 経理担当 北沢道子様
関与歴: 12年目
業 種: 自動車鈑金塗装業
会計事務所を探す時、新しい会社だから新しい若い先生がいいと思って紹介してもらったんです。
1からでなく マイナスから教えてもらうような状態
  今回のお客様 有限会社 リペアオート美麻 経理担当 北沢道子様
だから 新しい先生がいいかな・・・と思って。
先生は堅いけど(笑) でもその堅さがよかったんじゃないかと思います。
 会計事務所はお給料計算からすべてやってくれると思っていたけれど
「お金の流れが分かるためには自分でやったほうがいい」 と言われて、 だれか雇うより自分でやったほうがいいかな?と思ってやり始めたけど、正直本当に大変でした。 経理の経験がなく、科目すらわからない 今まで使った事のない言葉 「売掛」とか「買掛」て・・何??   本当に何にも知らなかった。

 手取足取り教えますよと先生がおっしゃってくれたけど これほど(分からない)とは思っていなかったんじゃないかと(笑) わからない事だらけで何度も何度も聞いていましたよね。
間違いがいっぱいあるけど その都度 教えてもらえる、だから毎月来てくれるのはほ~んと助かりました。

 毎日きちんきちんとつけていかないと分からなくなるでしょ 最近はこまめにつけているから お金もぴったり合う そういう時は最高にうれしいです。
伝票も当初は手書きでしたが、途中からパソコン会計にして、初めは操作方法もわからなくてとまどった、 わからないとその度,事務所に電話して聞いてましたよね。 でも、今は慣れて、手書きのころよりお金の流れとかいろいろな事が分かるようになりました。 数字もすぐに見られるし。 毎月来てもらっていることで 会計以外のことも相談出来ますよね。 パソコンの事、保険の事、人を雇用する時はどんなことが必要かとか、 いろいろな情報もくれるし、助言・アドバイスも細かくしてくれる。 年1回ではそんなことは出来ないですよね。だから月1回の監査は本当にありがたいです。 困ったら会計事務所(笑)ですよ。これからも見捨てないでほしいです。

ページの始めに戻ります  


今回のお客様 株式会社ルードルフィア 代表取締役 栗田信久様 今回のお客様 株式会社ルードルフィア 代表取締役 栗田信久様
わからない不安を払拭してくれました。 今回のお客様 株式会社ルードルフィア 代表取締役 栗田信久様
今回のお客様 株式会社ルードルフィア 代表取締役 栗田信久様
関与歴: 2年目
業 種: テレビ番組制作 撮影 ポストカード等製作販売
世界を飛び回りたい。そんな思いで独立して、始めた仕事でしたが、 創業当時は経理の知識はまったくないし、引っ越してきて間もないため地元の情報もあまりない。  

これから創業しよう!という気持の一方で、創業に必要な手続きや経理など、「何がわからないか、わからない!」そういう状況でした。

本屋に駆け込み、経理の書物を見てみるも ”???” わからずじまいで、
これは専門家に委託するしかないと思い立ち、インターネットでまずは行政書士探しを始めました。 なるべく自宅から近くて、そして「私の業種を理解してくれそうな人」。これをポイントに探していくと、西山さんのホームページに行き着きました。

西山さんは私の仕事を理解してくれ、経理が全く分からない私に、とても自然に日頃の経理処理の仕方を教えてくれました。 もちろん、創業に必要な手続きも代行してくださり無事1回目の決算を迎えることができました。

西山さんはまじめでコツコツと物事を進める方。それに教え方がスムーズなんですよ。私と西山さんと…同世代感覚をもっているからでしょうね、仕事を理解してくれる力強いサポーターに感謝しています。 創業当初の「わからない」づくしの不安を取り除いてもらえましたから!


ページの始めに戻ります  



今回のお客様 有限会社こまくさ 代表取締役 佐藤浩樹様 今回のお客様 有限会社こまくさ 代表取締役 佐藤浩樹様
細やかな経理が会社を存続させる 今回のお客様 有限会社こまくさ 代表取締役 佐藤浩樹様
今回のお客様 有限会社こまくさ 代表取締役 佐藤浩樹様
関与歴: 4年目
H P: http://www13.ocn.ne.jp/~ko-daiko/
「とにかく細かくて、うるさい!」それが西山事務所ですよ!
会社設立以来4年目のおつきあいになりますが、
 
今でも正直怒られることもありますし(笑)、細かくてため息が出る時もあります。

 でも、ベンチャーとして会社を築いて、今の社会状況の中経営していくことを思えば、税理士事務所が細かくて厳しくしてもらわないと、会社が立ち行かなかったと思います。
経営を軌道に乗せるのは、難しいですから。細かい経理が、会社を存続させるんだとつくづく思います。

 西山先生自身、単身、事務所を立ち上げてこられているので、これから会社を立ち上げようとする若い人とか、会社が思うようにまわっていかないという経営者の悩みをよく理解してくれていると思いますし、それだけに「NO!」とか、究極のところ「STOP」とか。…そういうことも含めて評価や指針をはっきり言ってくれるんですね。
  西山先生自身がベンチャーから始めてこられた所以ですよね。
だからこちらも、月次単位の数字の話から、これからどう事業を掘り下げるか、またどんな新規事業を行っていけばよいか、など、腹を割って話せるんです。

普通、一般の中小企業経営者や個人事業者にとっては、会計事務所は敷居が高く、なかなか上手くキャッチボールができないことがあって、それが倒産の原因の一つになったりするんですが、西山先生はフットワークもいいし、なんて言うんでしょうかね…従来の事務所にない"新しい感覚"があるから、会計事務所のイメージが変わりました。

実務上では、当社は従来からパソコンで経理をしていたので、新しいシステムにもすぐに慣れましたし、なにより決算書類を作る時間が大幅に短縮され楽になりました。
毎月の事務作業に決算書類を作る事務時間は負担が大きかったですから。

当社も新しいステップに入ろうとしている最中です。これからも、よいお付き合いをしていきたいと思っています。


企業紹介 お客様の声 対談 ビジネスニュース

 
ページの始めに戻ります